顧問弁護士の重要性

これまで日本で会社を興している場合、日本国内に関しては訴訟問題に発展する可能性はとても少ない状況でしたが、外資系が国内に次々に進出した事がきっかけで、日本国内の企業にも訴訟を起こされる危険性が増えてきました。
その為、日本国内の企業でも法律関係の人材も増の需要が増えてきています。

大企業の場合には、企業の中に、法律関係の業務を行う法務部などがありますので、問題がありませんが、法律関係の人員がいない中小企業にも、訴訟の危険性は増えてきています。
しかし現状ですと、訴訟まで相手の有利な状況に持っていかれてしまい、不利な契約で和解、もしくは訴訟まで行き、敗訴してしまうケースが増えてきています。

しかし、法律家の必要性を理解していても、中小企業の場合には、弁護士費用に充てる程、金銭的な余裕が無い場合があります。
しかし、高額と思われている顧問弁護士ですが、一般的な金額は、法律顧問契約を結んだ場合には、月々5万円程度になっています。
もし、訴訟が起きて、裁判にまで長引いてしまった場合には、弁護士費用や、訴訟相手に支払わなければならない費用が、何百万円、時には何千万円にまで至る事も考えられます。

月々5万円、年間60万円程度の出費と考えれば、そこまで大きな負担にはなりません。
しかも法律関係の書類のチェックや、将来的な知的財産の保護などを考えると、顧問弁護士の重要性がわかると思います。

このサイトでは、顧問弁護士の重要性と、中小企業の現状について詳しく説明しています。
現在中小企業を運営している方の中で、顧問弁護士と契約しようと考えている方にとって有益になるような情報をまとめておりますので、是非、参考になさってください。

Copyright © 2014 顧問弁護士をつけるメリットって? All Rights Reserved.